交通事故でもお任せできる弁護士

交通事故に精通している弁護士の選び方

「餅は餅屋」ということわざがあります。

これは「何ごとも専門家に任せた方が良い」という意味で、弁護士にも同じことがいえます。

交通事故であれば、交通事故専門の弁護士を選ぶ必要があるのです。

例えば交通事故の場合、後遺障害や過失割合といった損害賠償金に関わるポイントがあります。

当然のことですが経験や知識が豊富でなければ、後遺障害の認定を得ることはできませんし、過失割合も不当な配分になってしまう可能性があります。

上記に明記したことからわかるように、私たちが万が一交通事故に遭った場合、交通事故に精通した弁護士を選ぶ必要があるのです。

そして交渉を依頼しようとしている弁護士がどれだけ交通事故に対して豊富な知識を持っているかをチェックする場合、弁護士の解決事例を確認してください。
(後遺障害が争点となっているなら、後遺障害認定の獲得経験のある弁護士を…。)

ちなみに弁護士は「交通事故に精通している/交通事故を専門としている」といった自分自身を宣伝するような文言をしてはいけないのです(違反)。

では私たちが交通事故に精通している弁護士を選ぶ場合、どのように探したらいいのでしょうか。

その場合、「交通事故に注力する」といった言葉を謳っている弁護士を探してみて下さい。

間違いなく交通事故に精通している弁護士かどうかはわかりませんが、「交通事故に注力する」という言葉は、少なくとも交通事故分野に対して積極的に取り組んでいる意思表示を示しているからです。

交通事故に限らずすべての交渉にいえることですが、私たちは弁護士の交渉能力によって大きなダメージを受ける可能性があることも覚えておかなけれなならないのです。

大阪で交通事故の慰謝料を弁護士に無料相談【四ツ橋総合法律事務所】

最新記事